usaginekoのブログ

子供がいない結婚生活

義理母が亡くなってから現在まで4

遺品整理に北海道に滞在中、帰る日の前に、義理母宛の郵便物が届いた。今まで来てたものは、じーちゃんが何日に届いたか、書いて、渡してくれた。ほとんどがDMだった。クレジットカードは、解約の電話した。相性番号を聞かれたけど、義理母は、誕生日を銀行のカードで使っていたので、それだろうと思ったら、当たりだった(笑)。

届いた郵便物に、健保からのものがあった。開けたら、約12万円の医療費の返還請求書?だった。慌て電話して確認すると、義母は、12月29日に会社を辞めたことになっていた。1月3日に入院して、6日の早朝に亡くなったので、国民健康に切り替える前に亡くなってしまったのだ。

義母は、入院するとき、今まで使っていた会社の保険証を出したようだ。私たちは、病院に7万円位1月に払って、安心してたから、こんな請求が来るとは、思っていなかった。

義母の2年分の確定申告をし、あとは、税金払うだけと思ったのに。

私たちは、義母が会社を辞めたことも知らず、義母自身は、年末年始で、市役所に切り替えに行けなかった。

義理母が亡くなってから現在まで3

5月に義母の車取りに行くのと、遺品整理の為、約一週間、北海道に滞在した。本当は土日に、甥っ子に会いに行きたかったが、義母の姉も泊まっていたため、会いに行けなかった。義母の姉が遺品整理の手伝いをしてくれているのに、遊びに行くとは、言えなかった。

義母は、靴とバックが大好きで、大量にあった。あと、貰い物のタオルが大量にあり、買ってはいてない黒いソックス(仕事用だと思う)とストッキングも大量にあった。義母は、新しい電化製品も好きなので、色々あった。

靴とバックは、古そうなやつは捨てて、あとは、そのままにしておいた。旦那の昔使っていたものは、ほとんど捨てた。ラブレターやエロいやつも、ごみ袋に見えないように捨てた(笑)。

義理母が亡くなってから現在まで2

4月に甥っ子が地元の大学には行かず、北海道の大学に行くことになった。北海道が得意?な私は、甥っ子の新生活の準備の為、入学式の前に北海道に一緒に行った。

雪があったら、どうしようかと思ったけど、あまりなく、レンタカー借りて、よかった。色々買い物して、考えつく生活用品は、買い揃えた。色々お店があるので、地元より住みやすそうだった。入学式も行き、次の日、仕事があるので、帰った。じーちゃんには、会わずに帰った。あまり時間がなかったから。

そして、5月に一人で北海道に行った。じーちゃんは、もう車乗らないので、義理母の車をフェリーで持って帰るのと、遺品整理の為。

つづく